トップページ>三条の湯由来

三条の湯由来

昭和25年当時の小屋

開設当時の小屋

木下孟一

初代管理人 木下孟一

 

今から200余年前、甲州丹波山村字後山の河村源次郎という人が、
この山中で狩猟し鹿に傷を負わせ追跡したところ、その鹿が傷を湧き出ている水に浸して、あたかも治療するかの様子であるのを発見した。
この水を近在の人が飲んだり、また湯を沸かして入浴すると創傷・冷え性・胃腸病・皮膚病・神経痛・リウマチ等に特効があった。
無人の小屋に湯槽が据え付けてあって誰でも行って自分で沸かして入るようになっていたこの鉱泉は、河村翁の発見の事情から鹿の湯と名ずけられていたが、不幸にして大正十二年の大水で小屋が流出したので復旧を望む声が高かったが容易に実現の機会を得なかった。
然るに今般東京都水源林丹波山出張所所長山路勝輝と木下孟一が山小屋を作り附属浴場を設けこの地に三條の湯と名ずけて雲取山飛竜山の登山者、青岩鍾乳洞の見学者等一般に開放することになった。
當山小屋の利用者各位がこの静寂な渓谷のいで湯に都塵を洗練されて明日の英気を養われることが出来れば幸いである。

昭和25年7月10日  初代管理人木下孟一